築150年以上の家の片付け

最近両親・祖父・祖母の自宅の片付けが問題になってることが多い。

ニュースとかでね

我が家は去年から祖父・祖母の自宅を片付けている。

祖父は他界。祖母は生きてはいるけど施設に入所している。

これが築150年以上建っているのでやばい。

築30年とかの家のレベルではない。
もうここ何年開かずの間なんだ??とか
扉開ける気ないのか釘であかないようにしてあったりとか


でもねすごく古い家なので感動するのが床材。

今の家なんてぺらぺらの木かそれ風なのに昔の床は分厚いとにかくこれでもか!!っていうぐらい分厚い。

柱も太いしいいものをおしみなく使ってるのが素人にもわかる。

そしておいてある物

戦争で捕虜になっている祖父の遺品にはその当時の様子がわかるものがたくさん。

食器なども昔はプラスチックなんかないからみんな木でできていてしかも漆がつかわれている。

とても興味深く掃除いくたびに感動する。
こんなことそうそう経験できることではないので祖父・祖母には感謝してます!!

残りあと少し!!がんばろう!!

Comments are closed.